サーバ向け総合セキュリティ対策
Trend Micro Deep Security as a Service™

動作環境

注意事項:

  • システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了後、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。

自社の環境に導入できるか不安な場合は?

製品に詳しい、トレンドマイクロの担当がお答えいたします。
お気軽にお問合せください。

動作環境に関するお問い合わせ

Deep Security Agent のシステム要件

メモリ 512MB
ディスク容量 500MB
(不正プログラム対策保護が有効な場合は 1GB を推奨)
Relayが有効な場合は8GBを推奨
OS Windows:
  • Windows XP (32/64bit)
  • Windows Vista (32/64bit)
  • Windows 7 (32/64bit)
  • Windows 8 (32/64bit)
  • Windows 8.1 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 R2 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 R2 (64bit)
  • Windows Server 2008 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2012 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server Core 2012 (64bit)
  • Windows Server Core 2012 R2 (64bit)
※エディションが指定されていない Windows製品は、エディションに関係なく動作を保証い たします。
※システム要件に記載されていない Service Pack 等でも、要件に記載されているものより 新しいバージョンはサポート対象となります。詳細は こちら をご確認ください。
※Relay機能は上記OS(Windows XPを除く)の64bit OSで動作可能です。

Linux:
  • Red Hat 5、6、7 (32/64 bit)
  • CentOS 5、6、7 (32/64 bit)
  • SUSE 10 SP3、SP4 (32/64bit)
  • SUSE 11 SP1、SP2、SP3 (32/64bit)
  • SUSE 12 (64bit)
  • Ubuntu Linux 10.04、12.04、14.04 (64bit)
  • Oracle Linux 5 RedHat/Unbreakable Kernel (32/64 bit)
  • Oracle Linux 6 RedHat/Unbreakable Kernel (32/64 bit)
  • Oracle Linux 7 RedHat/Unbreakable Kernel (64 bit)
  • CloudLinux 5 (32/64bit)
  • CloudLinux 6 (32/64bit)
  • CloudLinux 7 (64bit)
  • Debian 6 (64bit)
  • Debian 7 (64bit)
  • Amazon Red Hat 6 EC2 (32/64bit)
  • Amazon Red Hat 7 EC2 (64bit)
  • Amazon SUSE 11 EC2 (32/64bit)
  • Amazon SUSE 12 EC2 (64bit)
  • Amazon Ubuntu 12 EC2 (64bit)
  • Amazon Ubuntu 14.04 LTS (64bit)
  • Amazon AMI Linux (32/64bit)
  • Amazon Debian 7 (64bit)
※ Linux版Agentでは、ご利用のカーネルもサポート対象である必要があります。サポートするカーネルバージョンについては、以下製品Q&Aをご参照ください。
http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1098600.aspx

※本バージョンでのAIX, Solaris, HP-UX OS対応Deep Security Agentモジュールのアップデートはございません。最新のバージョン9.0モジュールをご利用ください。
※Relay機能は上記OS (Windows XPを除く)の64bit OSで動作可能です。
※不正プログラム対策リアルタイム検索機能は、次のOSで動作可能です:
  • Red Hat 5、6、7 (32/64 bit)、CentOS 5、6、7 (32/64 bit)、SUSE 10 SP3, SP4 (32/64 bit)、SUSE 11 SP1, SP2, SP3 (32/64 bit)、CloudLinux 7 (64 bit)
※Deep Security ではマルチバイト文字コードを UTF-8 のみサポートしております。Linux / UNIX 環境では OS のロケールを UTF-8(ja_JP.UTF-8 等)に設定する必要が あります。詳細は以下の製品 Q&A をご参照ください。
http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1098225.aspx

※VMware ESXi など仮想環境上のOSへの導入については、こちらをご確認ください。
※Amazon Web Services や Microsoft Azure などのクラウド環境上のOSへの導入については、こちらをご確認ください。

注意事項:

  • 2016年1月28日現在の情報です。内容は、予告なく変更される場合があります。
  • Windows XP Embedded によるカスタマイズの際には、お客さまの独自の環境で適切な操作を実行し、Deep Security Agent の実行に必要なサービスとポートが有効になるようにしてください。
  • Windows Hyper-V 向けのエージェントレス型ソリューションはありません。Hyper-V ハイパーバイザにインストールされているAgent はハイパーバイザのみを保護します。Hyper-V 上で起動しているゲストイメージを保護するには、Agent を各Hyper-V ゲストにインストールする必要があります。
  • サポート対象 OS であっても以下の環境はサポート対象外となります。
    -Windows Server 2008/2012 (Server Core)
    -Microsoft Virtual Server 2005 R2 SP1

Deep Security Notifier のシステム要件

OS
  • Windows XP (32/64bit)
  • Windows Vista (32/64bit)
  • Windows 7 (32/64bit)
  • Windows 8 (32/64bit)
  • Windows 8.1 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 R2 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 R2 (64bit)
  • Windows Server 2008 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2012 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server Core 2012 (64bit)
  • Windows Server Core 2012 R2 (64bit)
※エディションが指定されていない Windows 製品は、エディションに関係なく動作を保証いたします。
※システム要件に記載されていない Service Pack 等でも、要件に記載されているものより新しいバージョンはサポート対象となります。詳細はこちらをご確認ください。
※Deep Security Notifier は、Deep Security Agent および Deep Security Relay の状態をクライアントマシンに通信する、Windows のシステムトレイアプリケーションであるため、クライアントマシン上で占有するスペースは小さく、必要なディスク容量は約 1MB、メモリの使用容量は約 3MB となります。

注意事項:

  • 2016年1月28日現在の情報です。内容は、予告なく変更される場合があります。

Deep Security as a Service管理画面のシステム要件

Web ブラウザ
  • Mozilla Firefox (Cookie を有効にする)
  • Internet Explorer 9, 10,11 (Cookie を有効にする)

注意事項:

  • 2016年1月28日現在の情報です。内容は、予告なく変更される場合があります。
  • 本製品の利用のためには、443ポートの利用が必須となります。詳しくは以下をご確認ください。
    http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1104586.aspx
事例・実績を見る
現在の環境で導入は可能?

製品に関するご質問、ご不明点はお気軽にご相談ください!