Webアクセスセキュリティ対策

InterScan Web Security as a Service™

製品概要

ウイルス対策ソフトだけでは気付けない
マルチデバイスに対応した、標的型攻撃「出口対策」ソリューション

トレンドマイクロが管理しているクラウド上のシステムを利用し、Webアクセスセキュリティ対策を行う製品です。お客さまのネットワーク、端末からのWebアクセスを本製品経由に設定することで、本製品が必要な処理を施し、不正なWebサイトへのアクセス制限や不正プログラムのダウンロードを防ぎます。

インターネット上のC&Cサーバと通信を行うボットネットを検知する機能を備えるため、標的型サイバー攻撃の出口対策としても有効です。また、ブログやSNSの閲覧や書き込みを制限でき、外部サイトを経由した情報漏えいリスクを軽減できます。

本製品のポイント

  • サイバー攻撃などで犯人が利用するボット通信を検知、C&Cサーバとの通信を遮断する、外部からの遠隔操作による漏えい対策
  • 社外持ち出し時を含むWeb接続を検査し、情報漏えいにつながる通信を検出し防御する、マルチデバイス対策
    ※対応デバイスはこちら(http://www.trendmicro.co.jp/jp/business/products/iwsaas/)をご確認ください。
  • マイナンバー対応を含む、国内環境への対応を施された個人情報漏えい対策

本製品でできること

  • 詳細に設定可能な不正プログラム対策テクノロジを使用し、ファイルのアップロードおよびダウンロード時にウイルスやその他のセキュリティ上の脅威を検出します。また、InterScan Web Security as a Service™では各種スパイウェア、グレーウェア、およびその他の脅威も検索できます。
  • Webレピュテーションサービス (WRS) により不正であると判断されたWebサイトを、Webサイトのレピュテーションスコアに基づいてブロックします。
  • ポリシーを使用してアプリケーション制御で検出されたインターネットアプリケーションを制御します。
  • 承認済み (除外)/ブロックリストを使用して特定のサイトへのアクセスを制御します。
  • 「アダルト」や「ギャンブル」などのURLカテゴリ別にトラフィックを制御できます。ユーザがURLを要求すると、InterScan Web Security as a Service™はまずURLフィルタポリシーを使用してそのURLのカテゴリを検索し、次に設定されたポリシーに基づいてアクセスを許可、拒否、または監視します。
  • ダッシュボードレポートおよびログクエリ機能を使用して、Webトラフィックを監視および分析します。

従来の対策に「3つの多層防御」を加えた出口対策

従来のURLフィルターやマルウェアの検出に加えて、昨今の標的型サイバー攻撃に対応するために必要な「3つの多層防御」を備えており、C&Cサーバーに接続しようとする不審な通信の検知と遮断を行う「出口対策」を実施することで、組織のセキュリティリスクを低減します。
※3つの多層防御…「C&Cサーバへの接続遮断」、「ボット通信の検出」、「アプリケーション種別の判断」

スマートフォン、タブレットを含む「マルチデバイス」に対応

Webセキュリティやウイルス対策が難しいモバイルデバイスを含め、PC、Android端末など多様なデバイスが混在する企業でも、クラウドプロキシで一元的にセキュリティチェックを行い、Webからの脅威のリスクを軽減します。
※対応デバイスはこちら(http://www.trendmicro.co.jp/jp/business/products/iwsaas/)をご確認ください。

標準ブラウザによるセキュリティサービス

アプリ専用ブラウザを用いる必要がある場合、非標準ブラウザとなることで公式サポートが得られなくなったり、アプリ変更による動作保証に不都合が生じることがあります。
InterScan Web Security as a Service™は、Safari on iOSなどの「標準ブラウザ」でセキュリティサービスの利用が可能となるため、このような問題を回避することが可能です。

社内だけでなく、社外への持ち出し時にも有効

クラウド・プロキシ方式による恩恵はWifiだけではなく、携帯回線網でのセキュリティサービスも提供可能。社外に持ち出すデバイスのセキュリティリスクを社内同様に軽減します。

支社や海外拠点での利用にも対応

InterScan Web Security as a Service™は、導入された本社はもちろん支社や海外拠点での利用時にもセキュリティサービスの提供が可能となり、利用場所からもっとも近いデータセンターを自動的に選択します。

クラウド型により、管理・プロキシサーバ不要でTCOを削減

InterScan Web Security as a Service™は、クラウド型セキュリティサービスのため、サーバ等のハードウェアを必要とせず運用管理業務を削減できます。各端末の状況は、管理者がブラウザでサービスにアクセスし把握することができ、管理、設定が可能です。

機能を見る
現在の環境で導入は可能?

製品に関するご質問、ご不明点はお気軽にご相談ください!