機能

最新機能

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ10.0から新たに加わった機能により、さらに強固なセキュリティと使いやすい軽快な環境を実現!

NEW 機械学習機能搭載

機械学習型検索エンジンでは、高度なファイル機能分析とヒューリスティックなプロセス監視を通じて、まだ特定されていない未知の脅威からネットワークを保護することができます。
ファイルやプロセスに脅威が含まれている可能性と潜在的な脅威の種類を特定し、ゼロデイ攻撃から保護されるようになります。

NEW デバイス単位の検索

個々のデバイスを選択して検索することができるようになります。

NEW 新しい [最新ステータス] 画面

関連する重要な情報をシンプルなウィジェットでまとめて確認できます。

NEW 修正プログラムの自動適用

改善された機能や新しい修正モジュールがないかを定期的に確認することで、保護を最新の状態に保つことができます。
修正プログラムの自動適用機能を使用すれば、修正プログラムを自動でダウンロードして適用できます。

UP メール通知の強化

メールの件名がわかりやすくなりました。

UP Webセキュリティの強化

Chrome およびMicrosoft Edgeブラウザで、ブラウザアドオンを使用せずに不正なHTTPS Webサイトに対する対策が可能になりました。

UP 挙動監視の除外設定におけるワイルドカードとWindows環境変数のサポート

挙動監視の承認済みプログラムとブロックするプログラムの設定でワイルドカード文字がサポートされるようになり、Windows環境変数のサポートも強化されました。これにより、除外設定をより柔軟に定義できるようになりました。

その他、主な既存機能

マルウェア対策    ウイルス、ワーム対策 ウイルス、ワームの検知・駆除
スパイウェア対策 スパイウェアの検知・駆除
USBウイルス対策 USBに潜む不正プログラムの実行から防御
ルートキット、ボット対策 ルートキット、ボットの検出
不正通信・侵入対策 ファイアウォール 不正な通信の遮断
WEBアクセス対策

不正サイト接続ブロック

(Webレピュテーション)
毎日リアルタイムで監視・更新されているトレンドマイクロの不正Webサイトの評価データベース情報を元に、危険なWebサイトへのアクセスを未然にブロック
URLフィルタリング Webサイトへのアクセス制御
メール対策 迷惑メール対策 迷惑メールの検知、遮断、除去
情報漏えい対策  挙動監視・不正変更監視 許可されていない不審なプログラムの実行を監視・ブロック
インスタントメッセンジャーコンテンツフィルタリング インスタントメッセンジャー上で入力できるテキストに禁止用語を設定し、 規制
アプリケーション利用規制 社内で利用を禁止したいアプリケーションの起動を管理者側で制御し、社員の勝手なアプリケーションの利用を制限
予防・復旧機能 自動復旧機能
自動脆弱性診断
大規模感染予防
自動復旧機能、自動脆弱性診断、大規模感染予防などを備え、予防・復旧作業を実現
一元管理機能 遠隔から一括集中管理 ブラウザで簡単管理、管理者にメール通知、レポート自動作成
社内/社外の自動ポリシー切替え クライアントが社内にいるか社外にいるかを自動で判断し、それぞれ設定されている別々のポリシーを適用することが可能
設定のエクスポート/インポート

管理者はデスクトップもしくはサーバの設定を保存し、新しいデスクトップやサーバにその設定を反映させることが可能
(インポート・エクスポート可能な設定)

アンチウイルス/アンチスパイウェア、ファイアウォール、Webレピュテーション、URLフィルタ、不正変更監視/挙動監視、Trendプロテク ト、メールスキャン、隔離機能、マニュアルスキャン、スケジュールスキャン

他社比較

セキュリティ製品では難しい防御力と軽快さを両立

第3者評価機関AV-TESTは2か月に一度、エンドポイント製品の防御力、パフォーマンス、ユーザビリティの3項目に関する性能評価テストを実施しています。
2016年上半期、ウイルスバスター™ コーポレートエディションは、前述の3項目で高い成績をおさめました。
トレンドマイクロは、AV-TESTの性能評価テストに参加してきた過去2年半の結果から、主要ベンダと比較して、高い平均総合評価スコアを記録しています。

総合的な防御力と軽快さで評価No.1の実績

※ AV-Testによる防御力テストの詳細については、
https://www.av-test.org/en/test-procedures/test-modules/protection/
を参照してください。
参照: http://www.av-test.org/
※ 2014年~2016年上半期までに行った以下3つの比較テストの平均スコア。
・防御力(Protection)比較テスト
・パフォーマンス(Performance)比較テスト
・ユーザビリティ(Usability)比較テスト
各6点=18点満点のテスト。
※ 記載の内容は、2016年12月時点の情報をもとに作成したものです。

動作環境

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0 サーバ

ソフトウェア

対応OS
  • Windows 7 Ultimate/Enterprise/Professional/Home/Premium/Home Basic (SP1)
  • Windows 8.1 Basic/Professional/Enterprise (Update 1)
  • Windows 10 Pro/Enterprise (Anniversary Update、Creators Update、Fall Creators Update、またはApril 2018 Update)
  • Windows Home Server (Power Pack 3)
  • Windows Server 2008 Foundation/Standard/Enterprise/Datacenter (SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Foundation/Standard/Enterprise/Datacenter(SP なし、またはSP1)
  • Windows SBS 2008 Standard/Premium (SP2)
  • Windows Essential Business Server (EBS) 2008 Standard/Premium(SP1 またはSP2)
  • Windows Storage Server 2008 Workgroup/Standard/Enterprise (SPなし)
  • Windows Storage Server 2008 R2 Workgroup/Standard/Enterprise (SPなし)
  • Windows SBS 2011 Standard (SP なし、またはSP1)
  • Windows Home Server 2011 (SP 1)
  • Windows Server 2012 Foundation/Standard/Datacenter/Essentials (SPなし)
  • Windows Server 2012 R2 Foundation/Standard/Datacenter/Essentials(Update)
  • Windows Storage Server 2012 Workgroup/Standard (SPなし)
  • Windows Storage Server 2012 R2 Workgroup/Standard (SPなし)
  • Windows Server 2016 Standard/Datacenter/Essentials (SP なし)
  • Windows Storage Server 2016 Workgroup/Standard (SPなし)
※特に記載のない限り上記OSの32ビットおより64ビットをサポートします
対応Webサーバ
  • IIS
  • ApacheHTTP Server 2.4
※環境によるインストール時の Web サーバの検出および利用について詳細は以下製品 Q&A をご覧ください。
http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1103073.aspx

ハードウェア

プロセッサ
  • マルチプロセッサまたはマルチコアプロセッサ(スマートスキャン)
  • Intel Pentium 4 以上(従来型スキャン)
メモリ
  • x86(スマートスキャン): 1GB以上、2GBを推奨
  • x64(従来型・スマートスキャン): 1GB以上、2GBを推奨
  • x86(従来型スキャン): 512MB以上、1GBを推奨
ディスクの空き容量
  • 11GBの合計ディスク空き容量
  • 4.1GB (インストール用)
  • 6.9GB (オペレーション用)

注:クライアントプログラム用に必要なディスク容量は別途ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0 クライアントの要件を参照いただき加算いただく必要があります

仮想環境

対応仮想環境
  • Citrix Presentation Server 4.0, 4.5, 5.0 (XenApp)
  • XenServer 6.0, 6.1, 6.2
  • XenClient 2.0, 2.1
  • VMware ESX 3.x, 4.x, 5.0, 5.1, 5.5, 6.0, 6.5
  • VMware Server 1.0.3, 2.0.1
  • VMware Workstation 6.0, 6.5, 7.0, 8.0, 9.0, 10.0, 11.0, 12.0, 13.0, 14.0
  • Microsoft Hyper-V Server 2008 R2
  • Microsoft Hyper-V Server 2012, 2012 R2, Windows Server 2012, 2012 R2 Hyper-V
  • リモートデスクトップ

管理コンソール

Webブラウザ
  • Microsoft Internet Explorer 9.0, 10.0, 11.0 (32ビットおよび64ビット)
  • Mozilla Firefox 54(ESR)、55、56、57
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
PDF Reader
  • Adobe Acrobat Reader 6.0以降
ディスプレイ
  • ハイカラー 解像度 1366 x 768ピクセル以上

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0 クライアントおよびアップデートエージェント

ソフトウェア

対応OS
  • Windows 7 Ultimate/Enterprise/Professional/Home/Premium/Home Basic (SP1)
  • Windows 8.1 Basic/Professional/Enterprise (Update 1)
  • Windows 10 Pro/Enterprise/Home (Anniversary Update、Creators Update、Fall Creators Update、またはApril 2018 Update)
  • Windows Home Server (Power Pack 3)
  • Windows Server 2008 Foundation/Standard/Enterprise/Datacenter (SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Foundation/Standard/Enterprise/Datacenter (SPなし、またはSP1)
  • Windows SBS 2008 Standard/Premium (SP2)
  • Windows Essential Business Server (EBS) 2008 Standard/Premium (SP1またはSP2)
  • Windows Storage Server 2008 Workgroup/Standard/Enterprise (SPなし)
  • Windows Storage Server 2008 R2 Workgroup/Standard/Enterprise (SPなし)
  • Windows SBS 2011 Standard (SPなし、またはSP1)
  • Windows Home Server 2011 (SP 1)
  • Windows Server 2012 Foundation/Standard/Datacenter/Essentials (SP なし)
  • Windows Server 2012 R2 Foundation/Standard/Datacenter/Essentials (Update)
  • Windows Storage Server 2012 Workgroup/Standard (SPなし)
  • Windows Storage Server 2012 R2 Workgroup/Standard (SPなし)
  • Windows Server 2016 Standard/Datacenter/Essentials (SP なし)
  • Windows Storage Server 2016 Workgroup/Standard (SPなし)
  • Windows POSReady 2009
  • Windows POSReady 7
※ 特に記載のない限り上記OSの32ビットおより64ビットをサポートします

ハードウェア

プロセッサ x86 アーキテクチャの Intel Pentium プロセッサまたは互換プロセッサ
x64 アーキテクチャのプロセッサ (AMD 64 テクノロジおよび Intel EM64T テクノロジ対応)
<クロック速度の要件は OS によって異なります>
  • 1.4GHz (Windows 8.1、Windows 10、Server 2008 R2、Home Server 2011、SBS 2011、SBS 2011 Essentials、Server 2012/2012 R2、Server 2012/2012 R2 Essentials、Server 2016、Server 2016 Essentials)
  • 1GHz (Windows Server 2008、SBS 2008、EBS 2008)
  • 800MHz (Windows 7)
  • 450MHz (Windows Home Server)
メモリ
  • 最小 8GB/推奨 10GB (SBS 2011 Standard/Essentials)
  • 最小 4GB/推奨 8GB (SBS/EBS 2008)
  • 最小 2GB/推奨 16GB (Windows Server 2016)
  • 最小 2GB/推奨 8GB (Windows Server 2008 R2、Home Server 2011、2012/2012 R2、Server 2012/2012 R2 Essentials)
  • 最小 1GB/推奨 2GB (Windows 7、Windows 8.1、Windows 10、Server 2008)
  • 最小 512MB/推奨 1GB (Windows Home Server)
ディスク空き容量 (スマートスキャン)
  • ビジネスセキュリティクライアント
    • 450MBの合計ディスク空き容量
      ・300MB(インストール用)
      ・150MB(オペレーション用)
  • アップデートエージェント
    • 800MBの合計ディスク空き容量
      ・300MB(インストール用)
      ・500MB(操作用)
ディスク空き容量 (従来型スキャン)
  • ビジネスセキュリティクライアント
    • 700MB の合計ディスク空き容量
      ・400MB(インストール用)
      ・300MB(操作用)
  • アップデートエージェント
    • 1150MBの合計ディスク空き容量
      ・400MB(インストール用)
      ・650MB(オペレーション用)

※ランサムウェア対策機能を利用する場合はさらに100MBが必要になります。

仮想環境

対応仮想環境
  • Citrix Presentation Server 4.0, 4.5, 5.0 (XenApp)
  • XenServer 6.0, 6.1, 6.2
  • XenClient 2.0, 2.1
  • VMware ESX 3.x, 4.x, 5.0, 5.1, 5.5, 6.0, 6.5
  • VMware Server 1.0.3, 2.0.1
  • VMware Workstation 6.0, 6.5, 7.0, 8.0, 9.0, 10.0, 11.0, 12.0, 13.0, 14.0
  • Microsoft Hyper-V Server 2008 R2
  • Microsoft Hyper-V Server 2012, 2012 R2, Windows Server 2012, 2012 R2 Hyper-V
  • リモートデスクトップ

Trend Micro Security for Mac サーバプログラム

CPU ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0サーバと同様の動作要件をサポート
RAM 最小1GB/推奨2GB
ハードディスク空き容量
  • 1.5GBの合計ディスク空き容量
    • 600MB(ウイルスバスター ビジネスセキュリティサーバがインストールされているドライブに必要な空き容量で TMSM サーバプログラム用)
    • 900MB(システムドライブに必要な空き容量で TMSM サーバが利用する他社プログラム用)
その他
  • Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 または 3.5 SP1
  • Microsoft Windows Installer 3.1 以上
  • 最新のアップデートが適用された Java Runtime(JRE) 1.7 以降

※次の他社製プログラムがインストールされていない場合、自動的にインストールされます

  • Microsoft SQL Server 2005 または 2008 R2
  • Apache Active MQ 5.6.0
  • Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable

注:TMSMサーバは、Windows 2016 Server およびWindows10をサポートしておりません。
注:TMSM サーバを Windows Server 2012 または 2012 R2 のドメインコントローラ環境にインストールすることはできません(SQL Server サービスをローカルサービスアカウントまたはネットワークサービスアカウントで起動できない制限による)

Trend Micro Security for Macクライアントプログラム

CPU Intel Coreプロセッサ
RAM 最小256MB
ハードディスク空き容量 最小30MB
OS
  • macOS Mojave 10.14 (※1)
  • macOS High Sierra 10.13 (※2)
  • macOS Sierra 10.12
  • OS X バージョン 10.11 El Capitan 以降
  • OS X バージョン 10.10 Yosemite 以降
  • OS X バージョン10.9 Mavericks 以降

※1 適用方法は、製品Q&Aをご参照ください。
※2 条件およびインストール方法は、製品Q&Aをご参照ください。

迷惑メール対策ツールバー

メールアプリケーション
  • Outlook 2010
  • Outlook 2013
  • Outlook 2016

※トレンドマイクロ迷惑メール対策ツールバーをインストールすると、約30MBのメモリが使用されます。
※Click-To-Run経由で導入されたOutlookには対応していません。

注意事項

インターネット接続

  • 各種パターンファイルや検索エンジンをアップデートするにはインターネット接続環境が必要です。

サポートOS要件

  • リストに挙げられている OS の主要エディションおよび 64 ビットバージョンについては、特に断りのない限り、すべてサポートしています。
  • サーバコアオプションを使用したインストール環境は、サポートしていません。
  • Window 7 XP mode で運用する場合、ホスト OS 上の共有フォルダへ置いたインストールパッケージを使って、ゲスト OS へのインストールはできません。

ハードウェア

  • このメモリサイズ要件はビジネスセキュリティのみに該当するものです。各 OS が必要とする最小メモリ要件もご確認のうえお使いください。各 OS の最小メモリ要件はメーカーが提示している仕様をご確認ください。また、実装メモリ容量だけでなく、OS をはじめとして実際に使用されるアプリケーションや環境を踏まえた結果の空きメモリ容量も考慮のうえお使いください。
  • 最小システム要件におけるコンピュータでは、ビジネスセキュリティサーバや Trend Micro Security for Mac サーバなど、複数のサーバプログラムを導入する際や、管理するクライアント台数が多い場合、動作が不安定になる恐れがあります。システム要件の推奨値以上のコンピュータ環境でご使用ください。
記載内容は2018年10月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。
体験版で動作確認をしてみたい方はこちらお見積り・ご購入はこちらから

購入はこちらから

ウイルスバスター™ ビジネスセキュリティを今すぐ購入する
  • ご購入までの流れはこちら
  • お見積りをご希望の方はこちら
  • お役立ちコンテンツ
クラウド版をご希望の方はこちら ウイルスバスター™ ビジネスセキュリティサービス
アンチウイルスだけで充分ですか?サイバー攻撃対策製品はこちら
法人向け製品と個人向け製品の違いとは?→詳しくはこちらから
ちょっと!待って もうお済みですか?エンドポイントのマイナンバー対策 詳しくはこちら
  • 導入事例
医療法人野毛会 もとぶ野毛病院

病院内全パソコンの管理負荷を軽減すべく、ウイルス定義ファイルの更新を自動化し一元管理。管理者の夜勤、問い合わせ対応が大幅に軽減。(導入事例PDF/2ページ、549KB)詳細はこちら

株式会社ゼロワン

個人向け対策製品から企業向け対策製品に切替。クライアントパソコンの一元管理により運用管理の負担を大幅に削減。(導入事例PDF/2ページ、520KB)詳細はこちら

  • 試して納得!30日間無料体験をご用意
体験版ダウンロードはこちら
  • お問い合わせ
  • 直営ストアでご購入する際のお問い合わせはトレンドマイクロ ダイレクトストアまで
お問い合わせはこちら
  • width="260"